アンティーク、コレクション > 乗り物 >

懐かしの昭和 『代替燃料車』 神奈川中央交通ボンネットバス 『三太号』/国鉄・「与瀬駅」行

販売価格:18,850円(税込み)

ミニオート倶楽部 ◎ MiniAutoClub

ショップページで詳細を見る

商品詳細

こちらのおもちゃは木炭や薪を代替燃料として走っていた昔懐かしいボンネットバスです。
神奈川県の路線バス「神奈川中央交通株式会社」によって限定20,000台製造された『懐かしの神奈川中央交通 “代燃車”ボンネットバス
三太号』のブリキのおもちゃです。
バスの方向幕は、国鉄・与瀬駅(現在の 相模湖駅)」行きです。

与瀬(よせ)駅は、旅客及び貨物の取り扱い駅として1901年(明治34年)8月1日 - 国鉄中央本線 八王子駅 -
上野原駅間開通と同時に開業しました。しかし、1956年(昭和31年)4月10日 -
「相模湖駅」に改称されました。昔懐かしい国鉄・「与瀬駅」行きです。

こちらの商品は、塗装済組立式キットの完成モデルです。内部の後輪部にはフリクッションが内蔵されています。
底板にはMADE IN JAPAN(日本製)の表示があります。
バスのボディーの左右に貼られた車体番号は、このおもちゃの限定製造シリアル番号を兼ねています。

著名なおもちゃコレクター北原照久氏による監修、“代替燃料車”ボンネットバス
三太号のイメージを捉えた完成度の高い「ブリキのおもちゃ」です。










◆方向幕は昔懐かしい国鉄・「与瀬駅」行きです。


▼ボンネットバスの後部には釜が付いています。


■仕様
◎サイズ:全長約 18cm
◎主な材質:ティーンプレート(ブリキ)
◎製造国表示:MADE IN JAPAN(日本製)
◎保存状態:ボディの塗装表面には多少経年による錆や擦り傷が御座いますが全体的には良好、パッケージ箱付き
◎付属品:「神奈川中央交通」路線地図、おもちゃコレクター北原照久氏の鑑定書

Rev.2013年6月12日 (水曜日.) 17時15分.